筑波大学生向け初めての一人暮らしで持っておきたい家具は

つくば市には経済的にまだ自立出来ていない学生でも暮らせる、学生マンションやアパートが多数あります。
安価な家賃であれば、親の仕送りや貯金の範囲で何とかやり繰りする事が可能です。
大学周辺に拠点を構えれば、勉学も捗ります。遅くまで構内に残っていてもバスや電車の時間を気にする必要が無くなります。
通学時間が短縮出来れば、サークル活動に精を出せますので、今までは時間の関係で活動を諦めていた学生はつくば市内の学生向け物件に引越して、一人暮らしを始めてみましょう。

一人暮らしを始める上で持っておきたいのが、各種の家具です。
安価な学生向けのマンションやアパートには最低限の設備しか揃っていません。
クローゼットや押し入れ等は住まい自体に設置されていますので、そこに物を収納する事が可能です。
しかし、ただの段ボール箱ならそういった場所に山積みしても平気ですが、生活用品一式を片付けるためには別途、個別に収納する家具が要ります。

まず、一人暮らしに欠かせない生活用品と言えば、食器です。
食器を片付ける場所としては、文字通り食器棚が一番でしょう。割れやすいガラスや陶器のコップ等も安全に保管する事が出来ます。
次に衣類です。Tシャツや下着、肌着、アウター、靴下、そして服飾小物を片付ける家具としては、衣類ケースがオススメです。
中身が見えるクリアーな衣類ケースなら大量に衣類を片付けても、箱の上から中身が一目瞭然です。

また学生のマストアイテムである本や教科書を片付けるためには、本棚かカラーボックスが必要です。
趣味の本などであれば、カラーボックスに収まりますので、そちらに入れましょう。
反対に数がどんどん増えていく学業系の教科書や参考書はカラーボックスには片付けられませんので、専用の本棚を用意したいところです。

そして最後に衣食住の要である食事を摂るための家具が大切になります。
一人暮らしと言えども、友達や恋人が遊びに来る可能性は大です。コンパクトでも良いのでラウンド型テーブルやダイニングテーブルが一つ、リビングにあった方が生活が快適になるでしょう。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*