筑波大学生向け一人暮らしのメリット


一人で暮らすために住居を借りることが必要になります。その際に契約を交わすことになりますが、これが一人暮らしをするメリットの一つです。なぜなら、契約には責任が伴います。ついひと月前の受験生であれば部屋を借りようとすることさえ難しかったことが、大学生というステイタスのおかげで契約することが可能です。大学生であると同時に未成年であっても責任ある一個人として容認されている訳で、その自覚を否応なく持てることがメリットでしょう。
保護者の庇護から離れ、時間を自由に自分の裁量で裁くことが出来るのも、一人暮らしならではのメリットです。中学高校の頃、想像してみたことはありませんでしたか。誰にも邪魔されず、好きな時に寝て、好きな時に起きて、好きなものを好きなだけ食べ、好きなことだけやっている生活を。確かにそのような生活をすることも可能なのです。しかし、夢を壊すようですが、毎日の生活は食う寝る遊ぶだけではなく、掃除や洗濯といった手間のかかる家事もしなければならないのです。家事は意外と面倒です。家事を担っていた家族に自然と感謝の気持ちも沸いてくるようになります。今まで当たり前と思っていたことがそうではないということに気が付けるようになることもメリットではないでしょうか。家族と離れて暮らすことによって自分のあり方を見つめることも可能です。視野を広げることが出来るのです。
また、筑波大学生は親元を離れ一人暮らしをする人も多くなります。周囲にどんな人がいるのかわからない都内で一人暮らしをするよりも、例えばお隣は専攻は違っても同じ1年生だなと分かる分、圧倒的に恵まれているのです。自分と似たような環境の人も多くなるので、一人暮らしで時間を持て余してしまうことも少ないでしょう。クラスやサークルなどでできた友人とドライブに行く、食事をする、夜通し語る、同じ目標に向かって努力するなど時間を自分のためだけに使うことが出来ます。
一人暮らしは、くれぐれも自己管理のもとですが、自分の成長のため、また気の合う友人と密度の濃い4年間を過ごすためにメリットをもたらします。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*