筑波大学生向け一人暮らしに不必要なものは?


筑波大学生の中にも親元を離れて一人暮らししている人がいますが、不必要な物を部屋に入れると居住スペースが小さくなって住みにくいです。例えばアイロンは不必要と考える人が多いです。アイロンは洋服をシワなく綺麗に仕上げることができますが、大学生でアイロンを丁寧に行っている人はほとんどいません。大学生活では私服で良いためカジュアルな服装になり、シワがあってもマナー違反にはなりません。
就活時にはスーツなどを着る機会がありシワのないワイシャツが好まれますが、クリーニングに頼んでプロの完成度を求めます。固定電話も使うことはありません。最近の大学生のほとんどがスマートフォンや携帯電話を持っています。これらは外出先でも連絡が取れるので、わざわざ固定電話にかける人はいません。固定電話はいたずら電話や勧誘の電話がかかってくることも多いため、事件に巻き込まれるリスクも高いです。
サービスなどを契約する時に固定電話ではなくスマートフォンなどいつでも連絡が取れる番号を聞かれることも増えたので、固定電話がなく不便になることはありません。料理をする場合は、調理器具を一通り揃えますが、ナイフは持っていなくても美味しくご飯が食べられます。日本は元々箸を使って食事をする文化なので、本格的な洋食を作らない人には不必要です。箸の他にデザートを食べる時用のスプーンやフォークがあれば、食事できます。
一人暮らしの部屋はあまり広くないことが多いので、ベランダもあまり自由に使えません。着替えを頻繁に行ったり、毎日おしゃれに気を使ったりしていると、洗濯物がいっぱいになります。洗濯物はベランダにある物干し竿で乾かしますが、バスタオルを邪魔に感じることもあります。バスタオルはお風呂上がりの体を優しく包んでくれますが、物干し竿のスペースを取りすぎて他の洗濯物が干せません。あまり広くないベランダを使う人は、通常のタオルでも十分に拭き取れるのでバスタオルを用意しないのが良いです。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*