筑波大学生向け一人暮らしでは周辺の施設をよく確かめよう!

つくば市で一人暮らしをする人は、周辺の施設をよく確かめてから部屋を契約しましょう。社会人の人なら、経済的な余裕があるので、通勤や生活で不便な場所でマンションを借りてしまっても、半年くらいで引っ越すこともできます。学生の人は、親の負担になってしまうので、不便さを感じていて引っ越したいと思っていても、親に遠慮をしてなかなか言い出せないということもあるようです。勉学に支障が出てしまったら、なんのために大学に入ったのかわからなくなりますので、勉強第一で、生活に便利な場所で部屋を借りることが重要です。一人暮らしの人は、それまで親がやってくれていた炊事・洗濯などをすべて自分でやることになります。生活の基盤となるアパート・マンション選びは、その第一歩です。

賃貸契約は2年契約となっているのが通常ですが、火災保険などは1年ごとの更新です。火災保険は1年分払っているので、少なくとも1年は住まないともったいないですよね。敷金は戻ってくるお金ですが、礼金は戻ってきません。引っ越し代のことも考えると、長く住んだほうが金銭面でお得になります。賃貸マンションの中には、1年もしくは2年以内に解約をしたら違約金がかかることもあるので、あらかじめ契約内容はチェックしておきましょう。部屋を解約するときには1ヶ月前に連絡しないと違約金がかかるということも知っておきましょう。

大学生のアパート・マンション選びでは、周辺の施設はよく確かめておく必要があります。一人暮らしでは、病気になって動けないけど、冷蔵庫になにもないというトラブルなどが起きることがあります。看病をしてくれる家族もいないので、近くにスーパーやコンビニなどがあると助かります。コンビニで食材を買うと高いので、スーパーやドラッグストアが近くにあると食費の節約にもなります。

病院についてもチェックしておくとよいかもしれません。身体が弱い人は、近くにかかりつけの内科があると、安心できます。花粉症の人は耳鼻科の病院がある場所も要チェックでしょう。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*