12月 2016

つくば市には経済的にまだ自立出来ていない学生でも暮らせる、学生マンションやアパートが多数あります。
安価な家賃であれば、親の仕送りや貯金の範囲で何とかやり繰りする事が可能です。
大学周辺に拠点を構えれば、勉学も捗ります。遅くまで構内に残っていてもバスや電車の時間を気にする必要が無くなります。
通学時間が短縮出来れば、サークル活動に精を出せますので、今までは時間の関係で活動を諦めていた学生はつくば市内の学生向け物件に引越して、一人暮らしを始めてみましょう。

一人暮らしを始める上で持っておきたいのが、各種の家具です。
安価な学生向けのマンションやアパートには最低限の設備しか揃っていません。
クローゼットや押し入れ等は住まい自体に設置されていますので、そこに物を収納する事が可能です。
しかし、ただの段ボール箱ならそういった場所に山積みしても平気ですが、生活用品一式を片付けるためには別途、個別に収納する家具が要ります。

まず、一人暮らしに欠かせない生活用品と言えば、食器です。
食器を片付ける場所としては、文字通り食器棚が一番でしょう。割れやすいガラスや陶器のコップ等も安全に保管する事が出来ます。
次に衣類です。Tシャツや下着、肌着、アウター、靴下、そして服飾小物を片付ける家具としては、衣類ケースがオススメです。
中身が見えるクリアーな衣類ケースなら大量に衣類を片付けても、箱の上から中身が一目瞭然です。

また学生のマストアイテムである本や教科書を片付けるためには、本棚かカラーボックスが必要です。
趣味の本などであれば、カラーボックスに収まりますので、そちらに入れましょう。
反対に数がどんどん増えていく学業系の教科書や参考書はカラーボックスには片付けられませんので、専用の本棚を用意したいところです。

そして最後に衣食住の要である食事を摂るための家具が大切になります。
一人暮らしと言えども、友達や恋人が遊びに来る可能性は大です。コンパクトでも良いのでラウンド型テーブルやダイニングテーブルが一つ、リビングにあった方が生活が快適になるでしょう。

Read more


賢明な筑波大学生の方々であれば、既に一人暮らしの際における食費の節約術を色々と実践なさっているはずです。
スーパーマーケットでお買い得なセール品をゲットする、おつとめ品を買うために時間帯を選んでお店に出かける、クーポンやチラシを活用して少しでもリーズナブルな生鮮食品を購入する等、こういった基本的なテクニックは押さえていると思います。
しかし、そういった色々なテクを駆使しても近頃は天候不順や各地の災害などによって食材費が高騰しているおかげで、なかなか食費が大幅に安くなる事はありません。
先ほど挙げた色々なテクを複数組み合わせて、ようやく普通に生活が送れるレベルの食材費に落ち着く、といったレベルです。

食事の回数を減らす、費用対効果に優れた外食チェーン店を頻繁に利用する等の節約術もありますが、あまり日常的にそういったテクを実践すると、今度は栄養バランスが偏ったり、心身の健康を崩す恐れが出てきます。
短期的には効果が出る節約術ですが、それでは本末転倒な結果を招いてしまいますので、基本的な節約術を押さえた後は「友達同士で協力し、食材のまとめ買い」で食費のコストカットを図りましょう。
ミネラルウォーター一つ取って見ても、ボトル一本で買いますと安くても100円近くします。
それを箱単位で購入すれば、一本あたりの値段が50円、あるいはもっと安く抑えられます。
大勢の友達と話し合い、おおよそ必要な量を集計し、その分に近いミネラルウォーターをダース単位で購入すれば、コストカットが自然と図れます。
緑黄色野菜やお肉類、カップラーメンやレトルト食品、お菓子やオリーブオイル等も同じ理屈で安くゲット可能です。

また最近ではネット通販サイトでまとめ買いすれば、よりお安く大量の食材を調達する事が出来ます。
大量購入すれば単価が下がる上、送料も掛かりませんし、各地の新鮮なお野菜や肉類を送料無料で配送してもらえます。
友達5人も集まれば、お得なまとめ買いが実践する事が出来ますので、そのうち一人が代表者となり、通販サイトへ大量に注文を出せば、後は賢く食材をシェアすれば応用的な節約術が成功します。

大学生の一人暮らしのより詳しい情報はこちら!

Read more


大学生の一人暮らしは、何かと食生活がアンバランスになりやすいです。
栄養素の摂取がアンバランスになってしまうと、体調不良の原因を生み出します。
集中力が低下して講義の内容が頭に入りにくくなる、心身共に疲れやすい体質になってしまう、サークルやゼミに対するモチベーションが低下する、大局的な思考が出来ず短絡的な生活になりやすい等のデメリットが生じてきます。

皆さんは筑波大学生として学業とプライベートのバランスを正しく取り、自覚ある暮らしを送らなければいけません。
月並みなアドバイスですが栄養バランスを意識した一人暮らしを送りましょう。
ファストフード店やコンビニエンスストアは非常に多忙な筑波大学生にとって便利な存在ですが、毎日そればかりでは、栄養バランスが偏ってしまいます。

お惣菜やファストフード、コンビニ弁当は基本的に高カロリーで高脂質です。
また糖分や塩分が高いのも軽視出来ないポイントになります。
他方、心身の健康に必須な複数の栄養素が少ないため、出来る限り自炊を意識し、緑黄色野菜や新鮮な魚介類、果物類を最低一日に一度は食べたいところです。

鉄分や食物繊維やビタミンCは特に一人暮らしの方が不足しやすい栄養素です。
まず最初の鉄分ですが、鶏肉や豚肉、そして大豆やほうれん草、人参、ホタテ、シジミ等に含まれています。
スーパーマーケットでも比較的安値で販売されていますので、自炊の食材としてオススメです。
次に食物繊維ですが、緑黄色野菜や根菜に多く入っています。
基本的には野菜からの摂取が推奨されていますが、最近では野菜嫌いな方でも、食べやすい朝食用のシリアルがあり、そちらにも大量の食物繊維が入っていますので、栄養バランスの維持に最適です。
そして最後にビタミンCですが、果実類に多く含まれています。キウイやミカン、グレープフルーツ、イチゴ、レモンに入っています。
果実を保管するためには冷蔵庫が必要です。もし自宅に無ければ、シリアル同様にコンビニエンスストアで買えるミックスジュース等で代用しても良いでしょう。

また、野菜不足になり食生活が崩れてくると、お肌への悪影響が顕著に現れてきます。
特に、女子大学生は、肌荒れニキビは大敵だと思いますので十分に気をつけた方がよいでしょう。

お肌のぶつぶつやニキビ対策はこちらをどうぞ

Read more


一人で暮らすために住居を借りることが必要になります。その際に契約を交わすことになりますが、これが一人暮らしをするメリットの一つです。なぜなら、契約には責任が伴います。ついひと月前の受験生であれば部屋を借りようとすることさえ難しかったことが、大学生というステイタスのおかげで契約することが可能です。大学生であると同時に未成年であっても責任ある一個人として容認されている訳で、その自覚を否応なく持てることがメリットでしょう。
保護者の庇護から離れ、時間を自由に自分の裁量で裁くことが出来るのも、一人暮らしならではのメリットです。中学高校の頃、想像してみたことはありませんでしたか。誰にも邪魔されず、好きな時に寝て、好きな時に起きて、好きなものを好きなだけ食べ、好きなことだけやっている生活を。確かにそのような生活をすることも可能なのです。しかし、夢を壊すようですが、毎日の生活は食う寝る遊ぶだけではなく、掃除や洗濯といった手間のかかる家事もしなければならないのです。家事は意外と面倒です。家事を担っていた家族に自然と感謝の気持ちも沸いてくるようになります。今まで当たり前と思っていたことがそうではないということに気が付けるようになることもメリットではないでしょうか。家族と離れて暮らすことによって自分のあり方を見つめることも可能です。視野を広げることが出来るのです。
また、筑波大学生は親元を離れ一人暮らしをする人も多くなります。周囲にどんな人がいるのかわからない都内で一人暮らしをするよりも、例えばお隣は専攻は違っても同じ1年生だなと分かる分、圧倒的に恵まれているのです。自分と似たような環境の人も多くなるので、一人暮らしで時間を持て余してしまうことも少ないでしょう。クラスやサークルなどでできた友人とドライブに行く、食事をする、夜通し語る、同じ目標に向かって努力するなど時間を自分のためだけに使うことが出来ます。
一人暮らしは、くれぐれも自己管理のもとですが、自分の成長のため、また気の合う友人と密度の濃い4年間を過ごすためにメリットをもたらします。

Read more


筑波大学生の中には、親元を離れて大学周辺で一人暮らしをなさっている方々がいるはずです。
最近ではリーズナブルな家賃で暮らせる学生マンションが各地に用意されています。
かつてはなかなか経済的な事情から実家から独立して、一人暮らしをするのが大変でしたが、今ではアルバイトと親の仕送りさえあれば、比較的な容易にスタート可能な時代となりました。

何かとおせっかいを焼いてくる両親のもとを離れられる開放感、自分で衣食住を全てゼロからコーディネートする事が出来る自由さ、友達や恋人を気軽に自室へと招待する事が出来る気軽さが一人暮らしのメリットです。
また自立心を養うためにも一人暮らしは最適であり、今までは両親に炊事、洗濯、掃除などを全て丸投げしていた学生も、自分一人で新生活を送れば、家事の大切さと家族の有り難さがひしひしと体感でき、人間として一回り大きな人物へと成長を遂げられます。

ただ、一方で筑波大学生が一人暮らしをする上では、いくつかのデメリットがあります。
特に気をつけたいのが、生活費が実家で暮らすよりも高くなってしまう点です。
衣食住、全て自分自身でコーディネートする事が出来る一方、それら全ての費用を自分の生活費から捻出しなければいけません。食費だけでもかなりの出費であり、自炊が得意な方なら節約料理でリーズナブルに日々過ごせますが、何かと多忙な筑波大学生の場合、ついつい外食やいわゆる中食で済ませてしまうはず、そうなると実家で暮らしていた時よりも月々の維持費が上がってしまいます。

またネット代やスマートフォン代、電気やガス、電話回線や家賃、NHK受信料や新聞、オンデマンド番組の視聴料などを全て自分一人で負担する必要が出てきます。
実家であれば、両親に甘える事も出来ますし、家族で割り勘して生活費を負担する事も可能です。しかし、一人暮らしだと自由度が非常に上がる反面、生活費すべてを自己負担する必要があり、生活費を賄うためにアルバイトに精を出し過ぎて、筑波大学生の本業である講義への参加が疎かになり、単位を落としてしまう恐れが出てきます。
一人暮らしを始める際は筑波大学生として計画的な行動を取りましょう。

Read more

一人暮らしを始めるためには、色々と必要な物が出てきます。
家族と共に暮らす実家であれば、家具や家電をシェアして使えます。
しかし、大学周辺のアパートや一戸建て住宅で一人暮らしを始める場合は、全てゼロからアイテムを揃えなければいけません。
洗濯機や冷蔵庫、電子レンジ、テレビなどは必需品です。
筑波大学生には高校生の時のような制服がありませんが、私服とは言え、毎日同じTシャツでは不自然になります。
洗濯機が無ければ、流石に衛生的にも良くありませんし、コインランドリーで毎回お洗濯をしていては不経済です。
また冷蔵庫は食材の保管場所に最適ですし、最近は地球温暖化の影響からか、春や秋頃でも気温が高くなりました。
スーパーやコンビニで購入して来た弁当やお惣菜、そして生鮮食品などをただ机の上に放置していると、あっという間に腐ってしまいます。
当然傷んだお魚や野菜を食べてしまうと、高確率で食中毒になりますので、冷蔵庫は真夏のシーズン以外にも必須です。
電子レンジもまた生活必需品です。一人暮らしを送る上で何かと便利なレトルト食品や冷凍食品をすぐに解凍する事ができ、また料理の下準備にも使えます。朝、コーヒーを飲みたい時も電子レンジがあれば簡単に熱湯が得られます。

ただ、最近では家具や家電付きの学生向けマンションもありますので、最低限のアイテムが揃った状態から新学期をスタートする事も可能です。しかし、それでも物件に付属するのは最低限度の家具と家電になります。
細かな雑貨や衣類を収納するケースなどは別途自分で買う必要があります。
ホームセンターで安値で売られるカラーボックスや衣類収納ボックスは何個かあると便利です。
また自分で棚の数や高さを細かくカスタムする事が出来るメタルラックもあった方が良いでしょう。
テレビを置いたり、本棚にしたりと、メタルラックは工夫次第で色々な家具に変身してくれます。
また生活必需品ではありませんが、筑波大学生としてITの勉強をするためにパソコンは必ず設置しておきたいところです。

Read more


筑波大学生の中にも親元を離れて一人暮らししている人がいますが、不必要な物を部屋に入れると居住スペースが小さくなって住みにくいです。例えばアイロンは不必要と考える人が多いです。アイロンは洋服をシワなく綺麗に仕上げることができますが、大学生でアイロンを丁寧に行っている人はほとんどいません。大学生活では私服で良いためカジュアルな服装になり、シワがあってもマナー違反にはなりません。
就活時にはスーツなどを着る機会がありシワのないワイシャツが好まれますが、クリーニングに頼んでプロの完成度を求めます。固定電話も使うことはありません。最近の大学生のほとんどがスマートフォンや携帯電話を持っています。これらは外出先でも連絡が取れるので、わざわざ固定電話にかける人はいません。固定電話はいたずら電話や勧誘の電話がかかってくることも多いため、事件に巻き込まれるリスクも高いです。
サービスなどを契約する時に固定電話ではなくスマートフォンなどいつでも連絡が取れる番号を聞かれることも増えたので、固定電話がなく不便になることはありません。料理をする場合は、調理器具を一通り揃えますが、ナイフは持っていなくても美味しくご飯が食べられます。日本は元々箸を使って食事をする文化なので、本格的な洋食を作らない人には不必要です。箸の他にデザートを食べる時用のスプーンやフォークがあれば、食事できます。
一人暮らしの部屋はあまり広くないことが多いので、ベランダもあまり自由に使えません。着替えを頻繁に行ったり、毎日おしゃれに気を使ったりしていると、洗濯物がいっぱいになります。洗濯物はベランダにある物干し竿で乾かしますが、バスタオルを邪魔に感じることもあります。バスタオルはお風呂上がりの体を優しく包んでくれますが、物干し竿のスペースを取りすぎて他の洗濯物が干せません。あまり広くないベランダを使う人は、通常のタオルでも十分に拭き取れるのでバスタオルを用意しないのが良いです。

Read more

つくば市で一人暮らしをする人は、周辺の施設をよく確かめてから部屋を契約しましょう。社会人の人なら、経済的な余裕があるので、通勤や生活で不便な場所でマンションを借りてしまっても、半年くらいで引っ越すこともできます。学生の人は、親の負担になってしまうので、不便さを感じていて引っ越したいと思っていても、親に遠慮をしてなかなか言い出せないということもあるようです。勉学に支障が出てしまったら、なんのために大学に入ったのかわからなくなりますので、勉強第一で、生活に便利な場所で部屋を借りることが重要です。一人暮らしの人は、それまで親がやってくれていた炊事・洗濯などをすべて自分でやることになります。生活の基盤となるアパート・マンション選びは、その第一歩です。

賃貸契約は2年契約となっているのが通常ですが、火災保険などは1年ごとの更新です。火災保険は1年分払っているので、少なくとも1年は住まないともったいないですよね。敷金は戻ってくるお金ですが、礼金は戻ってきません。引っ越し代のことも考えると、長く住んだほうが金銭面でお得になります。賃貸マンションの中には、1年もしくは2年以内に解約をしたら違約金がかかることもあるので、あらかじめ契約内容はチェックしておきましょう。部屋を解約するときには1ヶ月前に連絡しないと違約金がかかるということも知っておきましょう。

大学生のアパート・マンション選びでは、周辺の施設はよく確かめておく必要があります。一人暮らしでは、病気になって動けないけど、冷蔵庫になにもないというトラブルなどが起きることがあります。看病をしてくれる家族もいないので、近くにスーパーやコンビニなどがあると助かります。コンビニで食材を買うと高いので、スーパーやドラッグストアが近くにあると食費の節約にもなります。

病院についてもチェックしておくとよいかもしれません。身体が弱い人は、近くにかかりつけの内科があると、安心できます。花粉症の人は耳鼻科の病院がある場所も要チェックでしょう。

Read more

つくば市は、つくばエクスプレスが開通したことで、都心にアクセスしやすくなったのが魅力ですが、開発が進み、たくさんの商業施設ができたことで、市内で生活していくことも便利になったのが注目ポイントです。
例えば、大学生が一人暮らしをしていく環境も整っています。駅の近くには大型のショッピング施設がありますから、外食をするのにも便利ですし、日用品の買い出しをするのにも便利です。
また、施設内にスーパーマーケットがありますから、食材を買って料理をすることもしやすいものです。
一人暮らしをするとなると、自分できちんとした食生活を維持していかなければなりませんが、いつも外食ばかりでは栄養が偏ってしまいがちです。
スーパーマーケットがあり、買い物がしやすい環境であれば、料理もしやすいですから、栄養バランスの良い食事をすることができるものです。
ちなみに、大型ショッピング施設に入っているスーパーマーケットの営業時間は、9時から24時までとかなり長めになっていますから、夜遅くに買い物に行くこともできて、とても便利です。曜日によって営業時間が変更するということもありませんから、使い勝手が良くて助かるものです。
駅から歩いて5分ぐらいで行けますし、駐車台数がおよそ3,700台ですから、電車でも車でもアクセスしやすいものです。
一人暮らしとはいえ、まとめ買いをすれば荷物が多くなりますし、友達が来るのに合わせて、たくさん買い出しをすることもあるでしょう。ですから、車で買い物に行きやすい環境というのは便利なものです。
なお、つくば市は、少し範囲を広げれば複数のスーパーマーケットがありますから、色々な食材を買うことができると言えます。
1つしかお店がないと同じような料理になってしまいがちですが、複数のお店があれば、色々な物が手に入りますから、料理が楽しくなるものです。
また、お店ごとに値段を比較して安く買うといったこともできて経済的です。

Read more


学生向けのアパートやマンションが近年増加して来ました。
通学の負担を減らすために、実家からそういった学生向けの物件に引越す筑波大学生もおそらく増えてきているはずです。
月々の家賃が安く、設備や家具や家電やネットが整っている学生向け物件も豊富ですので、実家から長時間かけて通学するよりも思い切って親元から独立した方が学業は捗ります。
また一人暮らしは丁度良い社会人に向けての予行練習になります。自分で各種手続きを申請したり、光熱費や食費のやりくりを考える、学業と実生活のバランスを自分なりに工夫する等、来たるサラリーマン生活に向けての良い実地訓練となりますので、出来れば若い間に一人暮らしを経験していた方が、何かと勉強になるはずです。

ただ、筑波大学生の皆さんは一人暮らしを始める上で注意しなければいけないポイントがあります。
生活費、特にその中でも食費が明らかに実家で暮らしていた時よりも上がってしまうため、何かしらの工夫を施さなければ途中で経済的に立ち行かなくなる恐れが出てきます。
一見お得に見えるコンビニの菓子パンやお弁当ですが、学業に頭を酷使する筑波大学生にとって、それだけでは一食分のカロリーと栄養素を正しく補給する事が出来ません。菓子パンだけでは朝ごはんとして足りず、結局日中にあれこれと追加でお菓子やジュース、お惣菜、お弁当などを買い食いしてしまえば、トータル的に一日あたりの食費がとても高くなります。
菓子パンやコンビニ弁当はすぐに満腹感が得られる一方で、いわゆるお腹持ちが良くない食べ物です。

食費を上手く節約するためにはスーパーの活用が鉄則です。
同じお惣菜やお弁当を買うにしても、スーパーなら値引き価格で販売されています。
夕方遅く、帰宅途中に立ち寄ればグッドタイミングです。スタッフの方がおつとめ品を店頭に並べる良いタイミングになりますので、その時に食材やお惣菜を買っておけば、一日あたりの食費が上手く安く出来ます。

Read more